12月サロコン御礼&よいお年を

12月20日の磐田サロコン、またまた大盛況のうちに終了しました。

当日は午後から夕方にかけてズン土砂降り。会場近くの道も川になろうかという勢いでした。本番前には何とか止んでくれたものの、こんな状況でお客さん来てくれるんかいな?とやきもきしてました。

しかしそれは杞憂に過ぎず、フタを開ければまたまた満員御礼の、嬉し楽しいライブとなりました。お越し下さった皆さん、ありがとうございました!

 

サロコン主宰のたまださんが、当日の様子のみならず、青ばんの歴史やら足跡も含めて詳しくレポしてくださってます。我々自身でもなかなかここまで説明できてないのに、すいません(笑)ぜひご一読を!
http://salocontama.hamazo.tv/e5826332.html

 

さて、これにて青ばんの今年の演奏はすべて終了です。いつも聴いてくださる皆さんに加え、今年は特にたくさんの「はじめまして!」がありました。結成30年を超えて新たな出会いを味わえるというのは、ホントに演奏者冥利に尽きます。感謝!

今年もお世話になりました。来年も、ぜひごひいきに。ライブ予定が全然決まってませんが、気長にまたここをチェックしてみてください。

analog. 超満員御礼!  12月はサロコンへ

11/8(土) 青ばんライブ at Jazz Spot analog. おかげさまで大盛況のうちに終了しました!

 

当日は、夕方になってしとしと雨が降りはじめ、文字通り暗雲立ちこめるかと思いきや。

フタを開ければオドロキの超満員御礼。お越しくださった皆さん、ありがとうございました。お店のキャパを完全にオーバーしてしまい、通路にもトイレの前にもイス、イス、椅子。窮屈な思いをされた方、すみませんでした。

analog. さんの場合、お店に連絡いただければ席の事前予約も出来ますので、またの機会にはぜひご検討下さい。

IMG_5886
今回は往年の名曲「マウンテン」を復刻できた事が一つのポイントでした。青い山に一歩一歩登ってゆく情景、まさにこのバンド(ばんど)の哲学を体現するかのような、そんな名曲であります。←ちょっと盛り過ぎ(笑)

てなわけで資料館にも「ブルー」&「マウンテン」がひっそりと追記されました。今後ともごひいきに。

 セットリスト

【第1部】

  1. Mist
  2. つばめ
  3. つぼみ
  4. I’ll Be There
  5. TK
  6. 29870

【第2部】

  1. 夜歩く
  2. Tablet
  3. マウンテン
  4. エリナリグビ
  5. 遠くの煙
  6. 猫だまり
  • Enc. 七夕

 

さてさて、12月は一年半ぶりの磐田サロコンです。よろしければ是非!

静岡新聞アットエス http://www.at-s.com/event/detail/1051649794.html

サロコン情報室 http://salocontama.hamazo.tv/

ありがとうございました:磐田サロコン

またまた生憎の雨模様の中、磐田サロコン「青山ばんど with 山崎友里江」に多数お越しいただき、ありがとうございました。

フタを開ければ来場数なんと85名!これはサロコン新記録とのこと。
1曲目から早くも椅子が足りない状態。1セット目が終わった頃にはもう立つ場所すら無く、階段まであふれる始末。そして2セット目、満を持してアルトサックス登場!もう酸素が無い!!

お陰様で、大々盛況でした。あんな状態でも最後まで聴いて下さった皆さんに、感謝です。

そしていつも快適な会場とPAを提供して下さっているサロコンスタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

<photo by tfujimura>

20130616081845

 

今回の目玉は、言うまでもなくアルトサックスの参加でした。

数えてみれば今年で30周年の青ばん、もともとはアルトサックスのバンドでした。
今から10年前の2003年にフリューゲルホーンが加わってフロント2管体制が続いたものの、2009年末、アルト兼リーダーの青山和政が相談役に昇格してしまったのを機にフリューゲルホーンだけ残った、というのが現在の姿であります。

今回、友里江さんの参加が決まったとき、嬉しい反面、アルトサックスであるがゆえの「業」というか暗黙のミッションようなものを背負わされてしまうことを、実は心配していました。どうなるかなー、と。

しかしスタジオの音合わせ一発目で杞憂はいきなり吹っ飛んで確信に変更! 本番で聴いていただいた通りの新鮮なサウンドで、また新しいページが開けたような気がします。友里江ちゃん、また機会があったら是非!

 

おっと、相談役への報告参りも忘れずに行っておきますか。